いちかのおやすみ日記

ハタチ。音楽と漫画と小説に縋って生きてます。これらがいつか誰かにとって、自分を救ってくれた作品の様なものになればいいな。

9/21

久しぶりの何も無い日だったので古本屋で買ったまま溜めていた本を読んだ。

f:id:GNyabeyabe:20190922002716j:image

今日手をつけたのはこんな感じの本。

 

幸せになる勇気

有名な「嫌われる勇気」の続編。アドラー心理学を噛み砕いたり噛み砕かなかったりしてつらつらと書いてた。アドラー心理学は基本的にセルフシンキングの改善に重きを置いているので、嫌われる勇気だとか幸せになる勇気とか、本気で本人が変わろうという気持ち、アドラー心理学を信じる気持ちが大切なんですね。だから卑屈な人にはなかなか難しい。だからこそ、卑屈で精神を病んでしまう人に最も大切な考え方な訳で…

アドラー心理学を真に取り入れられた時こそ、そういう人が幸せになる時なのかも知れません…

 

ややこしい自分と上手く付き合う方法

自分ってややこしい自分なんだと自覚した。精神疾患の人も、その一歩手前の人たちも、何となく生きづらさを感じている人も、総括して自分がややこしいと感じている人達らしい。ややこしいもん、自分。生きづらさの根底に自分があることが分かっている人達、自分を許してあげましょうぜ、今からその方法をアドバイスしますっていう本。なかなか良かった。友人に貸したい。

 

恩に生きる

京都の古本屋に入って、何も買わないで出るのが申し訳なかったから買った本。仏教をベースに様々な実話を取り入れて、損得勘定を超えた慈しみの世界で生きましょうという事を言っていた。その通りだと思う。人を裏切って自分の利益を得ようとする人間よりも、富や地位より大切な人との絆を重視していた方が結果的にウェルネスな人生になると思う。仏教のそういう考え方は中々に好きだ。二元論を除した空の思想とか、愛(アガペーであってエロスではない)とか、自分が求めているものは仏教にあるのかもしれない。

 

快楽主義の哲学

最近哲学にハマっている。ハマったら抜け出せない泥沼なのは重々承知だが…完全に文系脳なので終わりのない答えを求めるのは性に合うようだ。そのせいで幾度となく苦しんでいるのだが…学べ…

快楽主義と禁欲主義、どちらが社会に生きる人間として正しいのか考える。快楽主義はエゴの極みだと思っていたが、よくよく考えたら禁欲主義だってエゴの塊だと気付いた。ずっと自分はベンサム功利主義、言うなれば最大多数の最大幸福というのは1部のエゴによる完全達成出来ないものだと考えていたけれど、結局目指すべきはそこで、国民全体に功利主義の思想を埋め込んで、最大多数の最大幸福こそが幸福だと思えるようにする他に全体の幸福など訪れないのかもしれないと思った。功利主義思想を埋め込むこと自体が幸せと相反するとは思うが……そしてその枠に入れなかった者が異端として傷つくのが目に見えるが……歴史を見ても共産主義は滅亡するし。

哲学は終わりが無いから今は考えるのを辞めよう。でもあと3.4冊哲学の本を買ってしまっている。読む度にこのくらいの困難にぶち当たるのだろう…困った…読むけど。

 

金剛寺さんは面倒くさい

最高。最高ですよ…前に少しレビューしたからもう書かないけど。漫画喫茶で読んだのに結局買ってしまった。これは手元に置いておきたい作品。いつ読んでも幸せになれる。この作者は最高…

 

夢中さ、君に

クスッと笑えてちょっと考えさせられて、いい気分で読み終われる。1巻完結としてはかなり良い本だと思う。シュールの度合いが絶妙だった。日常に訪れる非日常に気付ける人間で居たい。

 

君は放課後インソムニア

これは電子版で読んだ。確かスピリッツだったと思うが、立ち読みしてた時にこの作品と出会って感動してたのを思い出して衝動的に買った。不眠症の高校生男女の話。自分も不眠症なので感情移入してしまった。とても良かった。これは後ほど本を買うだろう…いい物は物質として持っておきたいので。

 

だいたい1冊100円のものを買っているのだが、俺は100円の最も有益な使い方だと思っている。本を読もう。もっと読みたい。

 

明日は1ヵ月ぶりのバイト。完全にレッスンのことを失念しており今から(am1:00)レッスンの新曲を覚える。なんとコストのかかるバイトだろうか。それなりにやりがいもあるのだが、キツい…適当なバイトに変えたい気もするが、今のバイト先の状況を考えると辞める選択が出来ない。嫌われる勇気や幸せになる勇気を持つのも面倒くさい自分と向き合う事もまだまだ出来ないなぁ…

頑張ります

 

泉まくら / 明日を待っている

9/20

大学が始まった。外は一気に秋の空気になっており、夏休みが終わったという事実をひしひしと伝えて来る。

秋の空気を感じると胸がゾワゾワしてお腹が痛くなる。この感じは中学受験の勉強をさせられていた中学3年の秋から毎年毎年襲って来ている気がする。秋は最も好きな季節な筈なのに。涼しい空気と夕焼けが相まうとどうも自分の体は何かを思い出してしまうようで…とてもセンチメンタルな気分になった。

 

新しく履修した生理心理学は前期履修した精神医学と内容がほとんど被っていた。評価基準などを聞いてこれはSを取れる授業だと直感で分かったので授業には出ようと思った。当たり前なのだが…自分の苦手な大学の友人(苦手なのに友人なのかは別として…)が同じ授業を履修しており、隣でずっとぺちゃくちゃと喋ってくるので嫌だった。乾いた笑いしか出来ない。

中国語、しばらく触れていなかったので完全に忘れてしまっていた。せっかく1度中国の道を志したのだから頑張らなくては…前期ちゃんとS取れたし、HSK3.4級を取る意気込みで頑張ろうと思う。言うだけなら誰でも出来るからちゃんと取らなきゃ…

 

気づけば9月も中旬を過ぎていた。あと2ヶ月もすれば年が明けることを意識したら動悸がした。年が経つのはこんなにも早いのか。この1年間で何か成長出来ただろうか。こうしていつの間にか社会人になるのだろうか。何か動かなければ、と思いソワソワするのだが何をどう動けばいいのか分からない。とりあえずダラダラと流れて適当にならないようにしたいな…

 

ラブリーサマーちゃん / 青い瞬きの途中で

9/19

最近は遊び過ぎて良くない。いや良い事なのだが。とりあえずバイトを少し増やそう…奨学金が入って心がおおらかになっている気がする。お金は常に無いのだ。常に節約なのだ…

 

友人宅を出て自宅に帰った後、挫・人間とラブリーサマーちゃんのライブを観に新宿へ行った。挫・人間は言わずもがな、ラブリーサマーちゃんもオシャレで中々に好きなので行く前からニコニコだった。

新宿駅で友人と合流して、マックで話した。他愛もない話から愛とは?という話までした。自分は数少ない友人といつも「愛とは?」という話をしている気がする。そういう友達に巡り会えたことは幸せなのか、友達になって話してしまったから両者そのような方向の話をする人間性になってしまったのか…もし俺がパリピ達と高校で出会っていたら今は変わっていたのだろうか、と思うと恐ろしくなる。数ある世界線の中で今があるのならこれは正解のルートなのだろうか…なんて考えても仕方が無いのだけれども。要は「一期一会」を大切にしたいな、と思ったというだけだ。

友人がマックポテトをマックシェイクに付けて食べていて衝撃的だった。そういう歌があるらしい。甘いものにしょっぱいもの、美味いものに美味いものを組み合わせたら美味いに決まっているのだが、幾度となくマックに行ってその発想に至ったことがなく、その思考を無意識に封印していたのは社会的な望ましさのようなものなのだと感じた。そういう無意識に封印しているものを「私は私」で生み出せる人間は凄い。芸術を生み出す脳は到底自分にはまだ無いのだろう…

 

ラブリーサマーちゃん、カッコよくて可愛くてオシャレで一気に好きになった。アルバムLSCの曲しか知らなかったのだがそこからかなり選んでくれていて嬉しかった。ロックンロールな要素もポップな要素も少しやくしまるえつこ風なヒップポップ要素もあって、聴いていて飽きないし気持ち良い。もっと聴こうと思った。

挫・人間は挫・人間を詰め込んだライブだった。魚の目シンパシーはラブサマの中でも特に好きな曲だったので挫・人間カバーを聴けて嬉しかった。下川さんが躁状態気味だったからだろうか、とてもサービス過多なライブだった…笑えて盛り上がって少し感動もできて、何より楽しかった。色々な事情で少し行くのを躊躇する部分があったのだが、それでも思い切って行った甲斐があった。

 

新しい挫・人間のライブTシャツがとても好みで買ってしまった。普段着も出来るデザインだったので着たい。最近一気に秋の気温になってきたので早いうちに着なければ…

 

夏休みが終わる。大学に行きたくない。授業を受けたくないとかではなくて、大学生の生態に触れたくないのだ…バイトもしたくない…それは純粋にしたくない…お金が欲しいよ。駄々をいつまでも捏ねていたい…

ここ2日色々食べてしまって、結局ダイエット出来てないなぁ。

なあ少年無力だったなぁ夏が過ぎても変わらないだろう、という感じで、体重は変わらなかった。

でも色々自分の中で見えてきたものとか感じたこととかが多い1ヶ月だったので、決して無駄ではなかった。これからの生活が何でもない惰性の日々にならないように、色々考えて生きていきたいな。

 

挫・人間 / バラバラBABY

9/18

大学の人達と秩父へいった。わらじカツ丼を食べたり温泉に入ったりしたいと話していたが、要は夏休みに旅行とかを全然しなかったからしたいとのことだった。

正直断りたかったのだが、八方美人なので行ってしまった。泊まりという事だったが明日バイトだと嘘をついて自分だけ日帰りにしてもらった。

夏休み、何した?という話になったが、バイトをしたり地元の友達と遊んだり、という話ばかりだったので、自分が旅をしたことはあまり口に出さなかった。言ったところで「何でそういうことするの?」といわれ、根源的な「分かり合えなさ」を感じてしまいそうだったので。これは相手を下に見るとかではなく、純粋な人間性の違いだと思っている。だってバイトして友達と遊んで、という行為は褒められたものだし、動機も目的もしっかりしているもの。何も否定感情は湧かない。合うか合わないか、というだけの問題なのだ…

結果として(話はつまらない恋の話ばかりで面白くなかったが)わらじカツ丼は美味しかったし、温泉は気持ち良かったので満足した。神社で引いたおみくじ大吉だったし。神様は見てくれているのだ………ついに「待人 : 来る」だった。来るらしいです。やったね。

 

その後、友人の宅に高校の友人達が集まっているとの事だったので、その友人宅に行き、寝る間もなく話をしてゲームをして酒を飲んだ。

 

大学の友人と高校の友人を比べるのは憚られるのだが、正直な気持ち後者といる時は本当に楽しかった。みんな賢いし童貞だし。みんな友達が少なくて大学生のノリが嫌いと言っていてとても良かった。それが良いとか悪いとかの二元論的判断は出来ないのだが…自分の肌に合うのだ。そういう人たちと共に高校時代を送れたことは幸せだった。そういう人たちと居たせいでこういう人間になったと言われればそうなのだが…そこに関しては後悔してない…

 

今日とていい一日だった。

 

GO!GO!7188 / あぁ青春

9/17

友人と昼前に新宿駅で合流して、銀杏BOYZを観に川崎へ。

友人も自分も悩み過ぎるタイプの童貞なので、久しぶりにしっかり話したい話が出来た。サイゼリアで銀杏の話をしたり大学生の悪口を言ったり自分たちの将来を憂いたり愛ってなんぞやという話をしていたらあっという間に4時間ほど経っていた。

気付いたら自分の周りには考えすぎてしまう(そしてもれなくADHD)という人達ばかりが集まっている。そういう人たちといる時の自分が1番自分らしい気がする。類は友を呼ぶというのは本当らしい…

 

銀杏BOYZのファンは「童貞」と「ファッション童貞」に2分される。僕は後者を絶対に許したくない。髪を染めてマッシュで女(インナーカラー青 カラコン 唇にピアス)と来て、ディッキに銀杏Tや黒スキニーにマーチンといった出で立ちの奴ら…絶対自分の方が銀杏が好きだし峯田さんも俺らみたいな奴のために歌ってくれているんだ……と、開演前にそういう人たちを見て脳内で一人相撲をしていた。情けないことだ…

峯田さん、目がほんとに澄んでいた。あんなに澄んだ目をした大人ってなかなか居ないのでは、という程に澄んでいる。素敵だ…

 

1.生きたい

2.NO FUTURE NO CRY

3.大人全滅

4.愛しておくれ

5.いちごの唄

6.夜王子と月の姫(with セントチヒロ・チッチ)

7.BABY BABY

8.ぽあだむ

9.アーメンザーメンメリージェーン

何を歌われても最高なのは決まっているけれども…とても良いセトリだった。ゴイステ期の歌大好きなので愛しておくれをやってくれてとても嬉しかった。大人全滅もDON'T TRUST OVER THIRTYのリメイクだし。今年銀杏新譜出るといいな…

夜王子と月の姫の時にセントチヒロチッチが出てきてほとんどのパート歌っていたのが少し…だってちょっと歌の上手めな女の子という感じだったもの…

BiSHのファンが「モッシュ!!ダイブ!!!」という感じで嫌だった。なんだろう…銀杏のファンにもダイバーはいるのだけれど…そういう人たちよりも、より自己目的化が起こっている…手段が目的になっているというか。自分もお恥ずかしながら5年前はロットンとかでモッシュしたいボーイだったので気持ちは分かるのですが…そりゃあ神(峯田さん)が叫んでいたらぶち上がるしジャンプするし手もあげるし心が暴れて体を動かしたくなりますよ。でもやっぱりそれは音楽に起因するものであって…体を動かすために音楽聴いているのではないでしょう、手段が目的になってはならないのです…

まあ要はセントチヒロチッチが出てきた時に周りを突き飛ばして前に割り込んでいったBiSHTシャツの方々が峯田の方も向かずにぽあだむでモッシュしてて、死ねと思いました、という話………ああいう人間もいずれ社会に出て父になるのだから最悪ですよね。世の中は終わりだ。

 

友人はライブが初めてでかなり疲れていた様子だったのでBiSHは見ずに帰った。自分もBiSHを観たら怒りが湧きそうだったので見なくてよかった。

ただアンコールで峯田が夢で逢えたらをやった事を後ほど知り少し後悔した。BiSH BOYZとしてやったらしいので実際に見たらまた何か負の感情が湧くものだった可能性もあったのだが…

 

好きな何かがあって、自分がそれを好きで、ならばそれでいいのに。そこに第三者や社会的視線を介入させるのは嫌だ…というよりナンセンスだ。

全て自意識との戦いになってくるのだが。

とりあえず、自分は銀杏BOYZが好きだ…と再確認した1日だった。

友人を自分の部屋に招き、自分の部屋で銀杏のPVやテレビ千鳥を観ながら寝た。テレビ千鳥、最近のテレビで圧倒的に面白いと思う。酒とタバコと女とギャンブル、悪意あるパクリなどなど…毎回毎回面白いので見て欲しい。オススメは「1レースだけ競馬」「一番美味いレモンサワーが飲みたい」「ガマンたばこ」「ゴチをやります」です。是非…

 

GOING STEADY / 愛しておくれ

 

9/16

新宿に髪を切りに行った。

平均よりも髪が伸びるのが早いらしく、1ヶ月半も髪を切らないとモコモコして嫌な感じになってしまう。本当は夏休み前までは伸ばしておくつもりだったのだが、鏡を見て不細工な自分を嘆き(それとはあまり関係はないのだが)突発的に美容院の予約をした。

 

美容師さんにはいつも大体f:id:GNyabeyabe:20190919231830j:imageこの画像を見せて、「こんな雰囲気のあまり髪セットの要らないナチュラルで爽やかなマッシュショートで、ツーブロックを入れて襟足は刈り上げる感じでお願いします。」と言うのだが、今回は何故かそれが嫌で嫌で仕方なかった。汎用的な大学生マッシュになりたくなかったのかもしれない。そもそもモデルの通りに切ったとて自分の顔はモデルでは無いので思い通りにはならないのだ…恥を知れ…

結果、普段より短めの個性のない、当たり障りのないショートヘアーにした。本当は峯田さんに倣って坊主にでもしようかと思ったのだが、自分の顔の輪郭などと向き合うのが怖くて結局辞めてしまった。恋愛の仕方が分からないなどと言いつつ、世俗を(負け犬の遠吠えの様に)笑いつつ、結局は自分も社会に馴染めない何かが怖いのだ…情けない…

 

明日は銀杏のライブだ。その時に前髪重めのくそマッシュでライブに行き、「奴ら」になりたくなかったのが今回の散髪の一番の理由なのだ…

自分は何と戦っているのだろう。奴らとは誰だ…それは自分の敵なのか自分なのか…とにく心底弱い人間だ……

ただ、峯田さんに会えるのならば、好きな物をただ好きと言えるのならばそれでいいのにね。

 

スーパーカー / cream soda

9/15

安い深夜バスの中では一睡もできず、家に帰った7:00にベッドに入って、起きたら夕方の4時だった。

どこでも寝れる人間というのは羨ましい…

 

バイトの復帰のために体を動かそうと思って隣駅までランニングした。かなり体力が落ちて体重が重くなっている感覚があって危機感を覚えた。ダイエットを続けなければ。

隣駅のブックオフで漫画を読んだ。

亜人ちゃんは語りたい 、、、亜人ちゃんは可愛いけどそこまで続きを読みたい感じではなかった。

ケンガンオメガ、、、ケンガンアシュラの完全な惰性。ケンガンアシュラが面白かったので(トーナメントの性質上マッチが意味分からなかったが)、あれで完結でよかった。BORUTOとかさ、、二次創作的な続きは良くない。BAKUMANで亜城木夢叶はREVERSIをアニメ放送前に完結させたように良作を惰性で伸ばしてはダメなのだ…SPECの結みたいによく分からんで終わってしまうから…あれはデスノートのニアメロ編への小畑健なりのアンチテーゼなのだろうか…?映画ストーリーのような結末を望んだけど伸ばしたのだろうか。自分はニアメロ編好きなのであれ含めでデスノートは名作だと思うが…

ランド、、、読んでない7.8巻があったので読んだがやはりめちゃめちゃ面白い。あの世界観や考え方は天才的だし、葛藤などの表現もとても良い。完結したら全巻買おう…

お酒は夫婦になってから、、、最新刊を読んだ。いつでも脳死で読める。こんな人間関係が現実に無いことを理解した上でほのぼのとした気持ちになれる…

やっぱり手元に高橋留美子作品を置きたくなったのでうる星やつらを全巻()買った。ゆっくり読もう。