おやすみ日記

音楽と漫画と小説に縋って生きてます。いつか誰かにとって、僕にとっての二十歳の原点、グミチョコ、銀杏やMOROHAの歌、下川リオのブログとかになればいいなぁ

7/20

日を跨いでしまったけど7/20ってことで…許して…

 

バイトと食事、あとちょっと家の掃除した位で、ただそれだけの面白みのない1日だった。生きがい、下川リオさんのブログを読むことくらいになってる…

テスト期間なのでそろそろ勉強しなきゃね…と毎回言って結局直前の一夜漬けになっちゃうんだけど…

 

今日は雨上がり宮迫とロンブー亮の謝罪会見をみたり、レペゼン地球のクソ炎上商法を見たりして世の中信用出来ね〜ってなった。

どっちも別に関心がある訳じゃないけど…シンプルにテレビ朝日は看板番組が2つも潰れて可哀想だな〜って。アメトーク好きだったし…

レペゼンは嫌い。レペゼン炎上に喜んでるファンも発狂してるアンチも何故かしゃしゃり出てくるフェミも嫌い……みんな嫌い……

 

なんか今日は本当にグダグダとしてしまって書くことがない。こんな日がないようにって事で日記書いてるはずなのに…

あ、ダイエットは今日も目標達成です。AirPodsを買ったのでランニングしながら音楽聴くことへのストレスがフリーになり、最高…

元気もお金もなかったのでマンナンごはんに鯖缶っていう猫の餌ご飯を1日に2回食べただけだった。余計元気が出なくなるんだよな…でも外食はカロリー的にもお金的にも厳しいので仕方ない…

 

精神的なしんどさは少しずつ消えてきた気がする。部屋も掃除できたし。ベッドカバーも枕カバーもシーツも全部洗って干して、とてもにこやか。一生この気持ちで居たい。可もなく不可もなくなこの気持ちで…

相変わらず睡眠が上手く取れないけど。

 

毎日正しい時間に眠くなるってとても大事だな、と思ってサーカディアンリズムについてちょっと勉強した。人間科学部っぽいね。人間の生理的な生活周期の事で、これが現代の生活で崩れて寝れなくなる人がいる様で。

とりあえず今度のバイト代でブルーライトカットの眼鏡を買おうと思う。布団に入って目を瞑っていても寝れないからあんまり自分に合ってるのかは分からないけど、可能性として出来ることは全部したいなーと思う…ネットの情報とか怪しげなアイテムとか一通り調べたつもりだけど、結局睡眠薬があればいいやってことでずっと手を出せてなかった。

いつまでも薬に頼ってちゃダメですね…本気で健康な生活しなきゃ。

健康な生活に命掛けてく……といいつつ、明後日は心療内科の日。

 

毎日、23時に寝て6時に起きよう。今は深夜の3時な訳ですが…明日から。早寝早起きします。それも報告します。全力で寝る。

ダイエットもしよう。走ります。外食はしません。毎日水を2リットル飲みます。

意志が弱いので誰でもない誰かに見守ってて貰いたいです………

変わるぞ…

 

モーモールルギャバン / 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ

 

 

①一日5kmランニング 〇

②脂質を1日35g未満にする 〇

③糖質を1日130g~180gに収める 〇

④タンパク質1日70g以上摂る ✕ 

反省点 プロテインを飲まなかった。豆乳を買う。

デキストリン、BCAA、オプティマス、オメガ3を飲む 〇

 

睡眠7/19~20 am4:00~9:50 ✕

反省点 無し 明日の入眠から頑張る。

7/19

完全に夏だった。気づいたら俺は何となく夏だった、というやつなのかもしれない。

夏は暑いので嫌いだけど、室内の冷えた空気から暑っつい外に出る瞬間とか、逆に暑っつい外から室内の冷えた空気に入る瞬間は好き。あんまり分かって貰えないんだけど夏の電車の匂いと駅の匂いが好き。冒険感のある匂いがしませんか…

あと夏に食べるアイスが好き。いや、アイスは年中好きです。

でも昨日からダイエットを挙行してますのでしばらく我慢。

 

ダイエットメニュー

 

①一日5kmランニング

②脂質を1日35g未満にする

③糖質を1日130g~180gに収める

④タンパク質1日70g以上摂る

デキストリン、BCAA、オプティマス、オメガ3を飲む

 

これを毎日やれば4ヶ月で10キロ痩せます(自分のBMRでの基準ですが)。痩せました。最初の2週間くらいは地獄ですが適応するとめっちゃ体調が良くなります。ジムトレーナーが言うので間違いないです。毎日やろ…デブは甘え、らしいので…

毎日出来たか報告します。あと体重も。

 

こんなカンカン照りなのに、昨日の事件が頭から離れずにとてもとてもどんよりとして苦しかった。

日常、聲の形けいおん、ユーフォ、ハルヒハルヒは3分の1位しか見てないけど)、、、、オタクと言えない自分でさえこの位思い入れのある場所、色んな人の色んな夢を生み出した場所であんな悲惨な事があったことに、自分の好きな人たちがそれに絶望していることに、自分なりに絶望してしまった。

突然、人が死んだり人の人生が変わったりするんだ、という事に改めて気付かされた。あれが京都じゃなくて東京だったら、どこかの大学だったら、お世話になってる人の会社だったら、、、一日中ぐるぐる考えてしまった。あの件についての事で、心からの追悼ではなく何かしらのネタや自己承認欲求を満たす様なことを含む呟きをしている人達が、たとえ友達だろうと本当に許せなかった。

 

30人以上殺して、それ以上の何万人の人生を変えて、何千万人を悲しませた犯人は一体どんな人生を送って、何を思って、何が原因で今回の件に至ったのだろうか。

自分も、自分の周りの人も、いつかあんな事をしてしまうのだろうか…

「自分のアイデアを盗まれた」らしい。症状に当てはまるから統合失調症の方だったのかもしれない。大怪我をして意識不明の重体らしい。

もちろん、到底許される人間ではないのだが、とてもとても可哀想で悲しい人だ。彼は「火をつける」事が目的で、特定の人物達を殺すつもりはなかったのかも知れない。どこか、誰か、何かに出会っていれば素敵な人生を歩めたかもしれないのに…自分一人で苦悩して、思い詰めてしまったのだろう。

そう考えると、自分もいつかああなってしまうのかもしれない気がしてきて怖くなった。今はまだ仲良くしてくれる人が居るが、30代、40代で孤独になって、だれも相談に乗ってくれる人が居なくなったりしてしまったら悩んで悩んで追い詰めて、何かとんでもない事をしてしまうのかも知れない。そうなる前に幸せになるか殺されるかしないと…

 

人生って本質的に1人じゃ変えられない。結局最後は自分だけど、そこに至るまでに1人では居られない。いい出会いをしたい。良い人との縁を大切にしたい。自分を変えてくれる様な人と出会いたい。

他力本願みたいな意味ではなくて。

 

夏、何しようか。凄いありきたりで漠然としてるけど素敵な夏にしたい。グダグダとしないようにしよう…

 

 

Number Girl / 透明少女

 

①一日5kmランニング 〇

②脂質を1日35g未満にする 〇

③糖質を1日130g~180gに収める 〇

④タンパク質1日70g以上摂る 〇

デキストリン、BCAA、オプティマス、オメガ3を飲む 〇

 

体重 72.4kg

7/18

漠然とした、だけど明確な不安が離れない一日だった。

 

朝起きたら、何でもないただの20歳だった。

タバコを吸ってみたけど何も感じなかった。タバコは全く美味しくない…

口は臭くなるし、喉は痛くなるし、大していい事がなかった。

酒 タバコ セックスなんてよく言えたものですね。そんなのじゃ自分の何かに折り合いをつけるなんて到底不可能だと実感した。タバコを吸って1.2週間の身内の人間が「ニコチンが〜」みたいな話をしているのを見てとても情けなく恥ずかしかった。こういう所で書いている時点で自分も何ら変わりない…あれはきっと共感性羞恥だ。

 

世の中はイキリ散らしとエゴイズムばっかりで、今の自分もそれでしかないんだな、と思うと苦しくて早くこんな人生を終わらせないといけない気がした。

FacebookでもLINEでもGmailでも、大人の方々が送ってきたメッセージに「いつか皆様にお世話になった分の御恩を還元出来るよう、素敵な20代の生活を送ります!!」みたいな事を宣言してしまったのに、結局自分はカスみたいな大学生でしかない。

何かしなくては…と思うが何もやる気が出なかった。

 

俺は顔も、身長も、運動能力も、学力も、全部大したことが無い人間だ。人よりもちょっと厳しく育てられて、ちょっと考え込みがちで、ちょっと口が上手くて、ちょっと八方美人が上手なだけなんだよな。こんなヒロイズムを持ったティーンなんて世の中に何百万人と居る。こんな所にグダグダと不満や不安を書き連ねる暇があったら語学でも勉強した方がよっぽど良い。分かっていても何かをする気が起きない。

なんでこんな人間なんだろう、自分は今後どんな人間になるんだろう、と朝から晩まで考えていた。

 

学校で丸一日、自分が何をしたいのか、すべきかを考えてネットや本を漁りまくった。調べれば調べるほど分からない。目の前の道を進むのが怖い。

「これだ!」って思える何かを探さなければならないのだろうか。「これ」が臨床心理士のはずだったのにな。中途半端な自分に腹が立つ。

 

中途半端な人間だから躁鬱何じゃないかと思う。痩せる!って言って1ヶ月減量して体重70kgを切ったと思ったら躁の1週間で73kgまで戻ってしまったし。鬱の時は心が苦しいけどご飯を食べなくなるので良い。

1ヶ月後位に地元に帰った時、結局後輩の女の子とご飯を食べに行くことになったから、今からまたダイエットします。今度は67kgを目標に。

 

時折、ほんとに時折、今のままで良いって言ってもらえるけど、それでもガリガリの細身の、エミネムくらい目がギョロってした人間になりたい。本当はエラと顎骨を削って眼を開いて涙袋ヒアルロン酸を入れたい。超前衛的な服を着たい。

ヘルタースケルターで、美と幸せは直結しないみたいな事をリリコとこずえを通して投げかけるシーンをふと思い出した。なりたい自分がある人間、今の自分が嫌いな人間にしか分からないのかもしれないけど、それが健康的とか一般的とかから外れていたとしても、求める何かはどうしてもある。

 

池袋で服を買うために電車を降りた。池袋のパルコ別館はオタクとゴスロリの聖地で、前衛的な人が沢山いた。

前衛的な服を着て歩いている人達が羨ましくて仕方がない。自分は自分で、ありのままで、したい格好をする…嫌味を含まずになんて素敵なんだと思う。

結局安くて無難な服を買った。身の丈、なんだろうな…めちゃめちゃ似合いました。ちょっと前衛的な服も着てみたけど、試着する前に抱いていたイメージの500倍ダサかった。顔が服に合ってない…

 

自分は身の丈に合う服しか着たくないので、自分の身を上へ上へと高めていくしかなさそう。努力した自分はありのままの自分なのか問題に直結するけど、努力もせずに言うのはお門違いですね…

これから毎日ダイエット記録します。夏休み明けには64kgになって、やりたい事に向かって全力疾走で、ついでに彼女でも作ろ…

 

 

空きっ腹に酒 / 愛されたいピーポー

 

(ゆきてろさんが原田ちあきさんと結婚する様で、色々と良すぎて感動してしまった。おめでたい)

7/17

今日は私の誕生日である。二十歳になった。酒も煙草も公然とのむことができるし、悪いことをすれば新聞に「Aさん」とでなく「高野悦子二十歳」と書かれる。こんな幼稚なままで「大人」にさせてしまった社会をうらむなあ。

 

私は慣らされる人間ではなく、創造する人間になりたい。「高野悦子」自身になりたい。テレビ、新聞、週刊誌、雑誌、あらゆるものが慣らされる人間にしようとする。。私は、自分の意志で決定したことをやり、あらゆるものにぶつかって必死にもがき、歌をうたい、下手でも絵をかき、泣いたり笑ったり、悲しんだりすることの出来る人間になりたい。


青春を失うと人間は死ぬ。だらだらと惰性で生きていることはない。三十歳になったら自殺を考えてみよう。だが、あと十年生きたとて何になるのか。今の、何の激しさも、情熱ももっていない状態で生きたとて、それが何なのか


よく人は、私が変っているといいます。しかし私は、自分こそ正常な人間であると思っています。不正を憎み、何よりも正義を愛しているやさしい人間であります。今の社会が偏見と不正に充ちていて不正常なのです。


どうしてみんな生きているのか不思議です。そんなにみんなは強いのでしょうか。私が弱いだけなのでしょうか。でも自殺することは結局負けなのです。死ねば何もなくなるのです。死んだあとで、煙草を一服喫ってみたいといったところで、それは不可能なことなのです。


ああ人間はくだらない、卑小だ。大ていの人間は、人間の人間たるを知らずして、社会の中に埋没してただ生きているのだ。自由! 私は何よりも自由を愛す


生きることは苦しい。ほんの一瞬でも立ちどまり、自らの思考を怠惰の中へおしやれば、たちまちあらゆる混沌がどっと押しよせてくる。思考を停止させぬこと。つねに自己の矛盾を論理化しながら進まねばならない。私のあらゆる感覚、感性、情念が一瞬の停止休憩をのぞめば、それは退歩になる。


私の闘争は人間であること、人間をとりもどすというたたかいである。自由をかちとるという闘争なのである。人間を機械の部品にしている資本の論理に私はたたかいをいどむ。


ああ、人は何故こんなにしてまで生きているのだろうか。そのちっぽけさに触れることを恐れながら、それを遠まきにして楽しさを装って生きている。ちっぽけさに気付かず、弱さに気付かず、人生は楽しいものだといっている。

 

今や何ものも信じない。己れ自身もだ。この気持は、何ということはない。空っぽの満足の空間とでも、何とでも名付けてよい、そのものなのだ。ものなのかどうかもわからぬ。何もないのだ。何も起らないのだ。独りである心強さも寂しさも感じないのだ。

 

 

 

 

 

高野悦子さんの二十歳の原点、この20年で呼んできて一番好きな本です。

高野悦子名言集というブログから拝借しました。こんな感じの葛藤が延々と書かれた日記で、彼女は20歳で自殺してしまいます。もっともっと好きな文とかが沢山あるのですがキリがないのでネット上のものを拝借しました。読みたい人は貸すので是非読んで…

 

 

20歳の実感はないし、改めて言うこともない。お酒を買ってみたけど、年齢確認もされなかったし、お酒買えてやったーって感じもしなかった。

色んな人におめでとうのメッセージを貰って、とても嬉しかった。

自分は他人に自分から声を掛けるようなタイプではないのでこういう機会がないと話さない人が山ほど居る。きっと「お誕生日おめでとう」って送るか悩んでやめた、みたいな人がごまんと居るんだろうな〜って感じのポジションの自覚がある。なぜなら俺がその人の誕生日の時に「お誕生日おめでとう」って送るか悩んでやめているから…

 

二個下の後輩から2年振りに連絡が来た。後輩の中で唯一「自分」を知ってくれている子で、彼女も人生や人間に悩んでいて、自分と同じ目をしていたので気が付いたら仲良くなっていた。

彼女も苦悩して不登校と登校を繰り返しているみたいだった。ほんとに優しい子なので可哀想になってしまった。

先輩と後輩という垣根が無くなった今、会ったら好きになってしまうかもしれない…と思ってご飯に誘われたけどはぐらかしてしまった。

ああ……

 

今日1日、何しようか考えて考え抜いた結果、1人でやりたかったこと全部やる日にしようと思って、かねてからやりたかったゲームをベッドに寝転がりながらずっとやったり、漫画を読んだりしてた。(バイトは前々からお休みにしてたし、大学も奇跡的に休講が重なり全休だった)

f:id:GNyabeyabe:20190717233630j:image

初めてのちゃんとした酒アピ。合法なので何も問題がない。嫌われるとかは別として…

 

1人が1番落ち着く。のに孤独を感じた。けど、自分らしくて、そういう休みを取れて良かった。どこかに行こうとか考えてたけど、結局何もしないのが楽だ。それでいいね…

 

人に優しくて苦労しちゃうような、考えすぎちゃうような、10代で出会えた好きな人達と一緒に、自分らしく生きていきたいね、生きていこうと思いました

 

沢山ご迷惑をお掛けしましたがそれでも仲良くしてくれてありがとうございます…これからもよろしくお願いします

 

中島みゆき / ファイト

7/16

ここに来て10代がどうとか20代がどうとかどうでも良くなってきた。大人だどうだなんて関係ないね。一生子供でいたいって言ったりしている時点で大人だよ。子供であることに無意識なうちでしか子供で居られないと思います。

自我が芽生えた時点で大人かと言われれば、20歳を超えた時点で大人かと言われれば、30代でも子供みたいなの居るし…

眉村さんは赤ちゃんだし…尊い

子供大人なんてどうしようもない概念ですね。個人は個人…

 

ずっと親知らずが痛くて今日歯医者に行こうと思っていたけど、よくよく考えたら今日バイトでレッスンがあるから、歯を抜いたあとに運動をすることになってしまいよろしくないので、また後日にすることにした。10代最後の日に親知らずを抜くってなんかいいなって思ってたんだけどな。

 

予定が消えて何するか悩んで、池袋で降りてお昼ご飯を食べて、古本屋によることにした。油そば、大盛も特盛も値段が変わらなかったので特盛を頼んでしまったが、全然余裕で食べてしまった。この後特盛をもう一杯食べられるくらいには余裕がある。無料なら多く食べようとか、腹が満たされるまで食べようとか、そういう精神が良くない。はち切れんばかりに食べたり、全く食べなかったりしているから満腹中枢が壊れてしまっているのかもしれない。

古本屋に行ったけど立っているのに疲れてしまってすぐ出てしまった。地元にあったカフェで座りながら中古本をいくらでも読めるTSUTAYAは最高だったな、と思う。休みの日とか放課後、お金がなかったから自転車でずっとTSUTAYAに通ってた。通いすぎて読みたい本がなくなるくらいに通った。あの経験が良くも悪くも今に根付いてる……

小説や漫画を読むことが趣味であってよかった。他の人の趣味に比べたら圧倒的に金が掛からないし。若いうちに読んでおいてよかったと思える本が沢山ある。今読んでも良さが分からないんだろうなって本も沢山あったけど。

良い本を沢山買っておいて、いつか書斎を作って、そこでニヤニヤと時間を潰すのはひとつの夢ですね…息子が居たら、敢えて鍵は掛けないでおいて、こっそり忍び込まれて書斎の漫画を読まれたい。息子はエロ目的で青年漫画を読みに来るんですけど次第に「これって作品として凄くね…?」って思ってくれてね。色んな漫画を読んで色んな思想に触れて、どんどん卑屈になって…これ自分の話ですね………

完全に小学生の時に父親の漫画を盗み読みして、サラリーマン金太郎島耕作シリーズ、ナニワ金融道ドラゴンヘッド、太郎、愛がゆくとか、そういう作品に触れてたのが完全に今の生に根付いてるな…父にそういう意図があったかと言われればなかったと思うけど。結局父の好きな漫画が俺の趣味に影響を与えているので当たり前は当たり前だけど、父の趣味は中々に良くて病んでいる…まあ上にあげた作品は全員読むべきだと思ってる名作たちだけなのですが。いや、ドラゴンヘッドは病んでるな。

 

本を読む人間は考え込みがちらしい。確かに小説家も漫画家も卑屈な人ばかりだ。だから好きなんだけど…息子に本を読ませるか悩むな。

 

考え込みがちだとは思う。昨日学校の授業でYG式の性格検査をしたら、抑うつ性が20点満点、思考的外交(外交な程非熟考的、非反省的、衝動的)が0点で泣いてしまった。空白の横長な欄があったからそういう無意味な行かと思ったら、思考的外交性の欄だった。総合評価は不安定消極型…そうですか…

大学で一緒にいる集団に見られて「お前は病んでるからなww」って言われた。そろそろ仮面も剥げてきているらしい…この前「22日空いてる?」って聞かれたから「予定見るわー」ってスマホでスケジュールアプリ開いて22日を見たら「心療内科17:00~」って書いてて、それを恐らく見られた。「病んでるw」の人間じゃなくて「病んでいる人間」なのが顕になってきている。その心療内科の事を見られた人しか本当に自分が「病んでいる人間」だと言うことは知らないと信じたい。

1度「お前コンドーム持ってんだろw」って言われて財布を漁られたら心療内科の診察券が出てくるって夢を見たことがあった。正夢になりつつある。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。

 

帰ったらバイトが始まるまでの時間で二十歳の原点を読み返そう。久しぶりに読みたい。

完全に思考がデブなのでしょっぱいもの(油そば)を食べたあとは甘いものが食べたくなる。甘いものを買って本を読みながら食べよ〜と思ってコンビニに寄ったら、牧場ミルクアイスが売ってて、それとなく美味しそうだな〜と思って買ったら牧場ミルクアイス フラッペ だった。全く作り方が分からなくて、とりあえずホットミルクを注いでみたけどよく分からないものが出来上がった。店員さんにフタ取られたのに表面張力が働く位並々にホットミルクが注がれたし、なんか泣きそうになりながら甘い氷の上に並々にホットミルクを注がれたものを抱えてよちよちと家に帰った。ただのぬるいミルクに氷が浮いたものになった。全然美味しくなかった。

なんて自分は弱い人間なんだと辛くなってしまった。あの時店員さんに聞かなかったのも、コンビニのフラッペすら作れないのも、美味しくないのに全部飲み切ったのも、こんな事で辛くなってしまうのも全部悲しい……幸せはぴはぴで甘い物食べながら好きな本を読むつもりだったのに。

 

気を取り直して読書します…こんな10代だったけど、良かったのかな、良いも悪いもないよな、とずっと考え込んでる。もっと怖いのは20代から30代になる時だと思う。悔いのない、なんてものは無いだろうけど自分なりに20代を生きようと思いました。

19年も良く生きて、生かせてもらったと思いました。ありがとうございます。

 

チャットモンチー / 親知らず

7/14,15

更新が間に合わなかったので2日分書きます。毎日更新、失敗( ; _ ; )意思の弱い男です……

 

さておき新宿は新宿の臭いがしますね。匂いじゃなくて臭い。初めはこの臭いが東京の匂いだと感じてワクワクしたものですが、今はただただドブ臭としか感じません。こんなところに好き好んで来ている人達はどうかしてるね。なんて…

新宿バスタにいる「自称マイノリティー」みたいな人達、全員地方出身なの可愛いね。地方で「その格好やる?」みたいな人を見るのも愛おしい。世の中は生きることに不器用な人ばかりなのかもしれない。

カチカチの4列シートに8時間くらい揺られてとても疲れたし、眠れなかったけど、東京は慈悲がないので今日も9時間労働を突きつけてきた。意識が朦朧としながらインストラクターしたよ。誰か褒めてくれ、、、認めてくれ、、、許してくれ、、、誰に?何を?何と戦ってるの?と言われたら自分としか言えない…

 

ありのままを自分を愛したいけどその為には自分を好きになる努力をしなきゃいけない、それはありのままではないのかもしれない。と一生考え続けている…

 

親友と池袋でご飯を食べた。自分も親友も死にそうだった。安い居酒屋で5時間粘って、愛とは、人生とは、エゴとは、夢とは、幸せとは、という話をグダグダとした。周りの客は酒を飲んでキャーキャー騒いで楽しそうだったのになんであんな暗い話ばかり…と思うけれど、そういう話が出来る人が世の中にいてくれて本当にありがたいな、と思う。今日も今日とて何も解決しなかった訳だが…孤独ではないことを感じることが出来る。

 

自殺を止めてくれたり、自殺を止めてあげたり、学校をサボって遊びに行ったり、生きるとは何かみたいな話をしたり、学校のガラスを叩き割ったりした仲の友人が居るから、大学の「友達」が馬鹿みたいだ。そんな奴らに気を使って金も時間も割く価値が果たして…という事を思ってしまう。でも何となく大学で孤独になることに恐れを感じてしまうから、今日も当たり障りのない会話をしてしまうんだろうな。

 

最近、どう生きるか何をするべきか考えすぎて考えすぎた結果、「どうせ人間死ぬんだし楽しい事した方が良くない?」という結論に至った。責任なんて負いたくないし社会貢献なんてよく分からない。どこかでなにか人間は社会貢献をしてるし社会消費も破壊もしているでしょう。死に際に「もっと遊んでおけばよかった」って言いたくない。

給付奨学金を使って旅に出ようと思う。欲を言えば中古車を買って後部座席を改造して、生活できるようにして、車中泊で日本中を回りたい。その場その場の居酒屋とかで色んな人の話を聞いたり、知り合いのつてで働かせてもらったりしてさ。

若いうちにしか出来ない特権だと思う。20歳になったらFacebookで協力を募ってみよう。

 

狭い部屋で、自分の狭い見識と自意識と価値観と、そんなものだけで世界を組み立ててグルグルと苦悩してるの、馬鹿みたいじゃんね。

動き回ろ〜!!!躁なのかもしれないけど、とても素敵なアイデアなので、宣言して忘れないようにしておく。

思い出も出会いも縁も、好きなものだけ摂取していきたい。それがいいに決まっている。アドレスホッパーな世界も悪くないかもね。

 

父に「お前は結局何を人生に求めるんだ?金か権力か安定か…」という事を聞かれたときに、「俺は自分で自分を愛してあげて、周りの人も愛してあげれて、思いやりで生きれて、その空間があればそれでいい」という話をした。もう数字にも契約にも競争にも疲れてしまったのかもしれない。

今日、鳥貴族で食べた298円に均一された品々は、一つ一つ等しく298円の価値なのだろうか。どこまで中間マージンが掛かっているのだろうか。298円の労働に見合うものなのだろうか。と思う。

縄文時代に鬱なんてほとんどなかったはずだ。争いが心の闇を生む。

単純に、服を作るのが趣味だから、服を作ってあの人にプレゼントしよう。というものに対して、お礼に野菜を分けてあげよう、とか、あの人は体が弱いから力仕事を手伝おうという気持ちに対して、仕事を手伝ってもらったお礼にうちで作った米をあげようとか。なんかもうそういう物々交換の世界で生きられたらラブだなぁと思う。もちろんその規模が大きくなると争いも生まれるし、他人に施しなんてなかなかできないけどさ。集団がある以上はそこに上手く属せない人も居るのはしょうがないけどさ。

好きな人達だけ集めて、集落を作って、のんびり本を読みながらその集落で作られた食べ物だけ食べて生きていきたい。食欲と睡眠欲が満たされれば十分だ。古本屋を経営しようかな。

夢眠ねむさんの書店、いつか行きたい。

 

性欲が三大欲求に入るのやめて欲しいね。食欲 睡眠欲 モフモフの犬欲とかで良いねって友達が言ってた。本当にそう。この話、この部分だけ切り取ると純粋で可愛い会話に聞こえるけど本当はどす黒い性欲への嫌悪から生まれた。そういう素敵な思想の人としか友達になれねぇ。

モフモフ欲、いいね。荒川アンダーザブリッジの、天狗の除夜の鐘で主要な煩悩が消える回でマリア様に残ったのはモフモフ欲だった。そんなシンプルな生活でいいね。

今俺が求めてるのは荒川アンダーザブリッジの様な物々交換と愛の世界なのかもしれない…

親が厳しくて英才教育を受けたリクへの感情移入が強過ぎるので映画版の荒川アンダーザブリッジのラスト、嗚咽してむせび泣いてしまう。でも、桐谷美玲じゃあニノは作りきれねえよ…ニノさんは日本人じゃあ表現出来ん…オタクの話はやめます。

 

今の世の中は発展しすぎた…その結果が「人に勝手にカメラを向けてインターネットにアップロードする事を何も思わない人達」…モラルも肖像権も人の気持ちもない。あるのは自己顕示欲だけ。

 

あと20歳までにやる事はなんだろうか。彼女でも作っとく?HAHAHA…あの時襲われかけた先輩にLINEでも送ってみようかな。絶対送らないけど。

とりあえず、20歳までにじゃなくてもいいけど荒川には行こうと思った。

魔法使いまであと10年と3日だ!楽しみ!

 

JUDY AND MARY / Over Drive

 

 

 

 

 

 

7/13

1.2ヶ月ぶりにぐっすり眠れた。毎日睡眠の報告から入ってお恥ずかしい限り。眠るなんて普通の行為ですね…

 

スッキリ起きれたので朝、犬の散歩をしながら何も無いうちの村を巡った。雨上がりの森の匂いがして、程よく湿気があって涼しくて、とても良かった。(分かりますよね?雨上がりの森の匂い)

「村」て。でもほんとに村なんですよね。地区に子供が10人も居ないような場所。全校生徒が60人の中学校まで、片道15キロも掛かるような田舎の田舎。ボロボロの家が数件ぽつぽつと、あとは畑と林だけ…コンビニまでは徒歩40分。いや、「何も無い」が「有る」と言うべきか…近所でよく遊んでくれたお兄さんの家や、1番歳が近くて遊んでた子(俺の地区には同級生が居なかった。どうしようもなく田舎なんだ…)の家の前を通ると、何も考えず毎日笑いながらトンボを追いかけて叩き殺して遊んでいた純粋な頃の気持ちが蘇る。

 

あのお兄さんは専門学校を出て仙台で経理の仕事をしているらしい。1番歳の近かった子は高卒で土木会社に務めているらしい。少なくともこの田舎にはもう居ない。景色は何も変わらないけど、人間はどんどん変わっていくんだ…とセンチメンタルな気持ちになった。

 

f:id:GNyabeyabe:20190713203710j:image

うちの犬、世界一可愛いでしょう

 

散歩から帰ると10年振りくらいに父に「おはよう」と言われた。「おはよう ございます。」と言った。

 

心臓がバクバクだった。多分父もそうなんだと思う。

 

上手く言えないけど、昨日話をして、父は父で、母は母で、とても可哀想な人だという事を改めて知った。父は本当に自分みたいな人間だし、母も自分みたいな人間だった。やっぱり家族なんだと思った。それが分かってしまったから、犬を追いかける姿が「初老」そのもので、犬も8歳だから初老で、「初老」が「初老」を追いかける構図に涙が出てしまった。

 

老けたなぁ、親。父にはいくら盾つこうとも力で勝てないみたいな部分があって、殴られても反抗とかは出来なかったけど、今なら勝てる。勝ててしまう。なんかそう思うと無性に悲しくなってしまう。父はタバコも馬鹿みたいに吸うし精神を病んでるしお酒も飲むし、多分50代60代くらいで死んでしまう気がする。死んでしまえってずっと思っていたのにね。なんでだろう。

 

きっとこれからも、スネはかじらせてもらえないし、父と一緒にキャッチボールなんかしないだろうし、家族旅行なんか存在しないだろうし、他の人に比べたら俺は1人で生きなきゃいけないんだと思う。それでも、家族という存在は切れないものなんだなぁ。20歳になるまで親で居てくれたんだなぁ、と思う。

甘やかされてヘラヘラと育ってきた人間を沢山見て、「ああはなりたくない」と思ってきた。精神を病んだりはしているけど、人一倍一生懸命で物事について考えて、人の痛みに触れようと出来る人に育ったつもりだ。それは親のお陰なのかもしれないと思った。

過去の全てを許すつもりはないけど、俺の家族への感情はどこか憎しみではない何かに変わった気がする。大きな、大きな1歩だと思う。

 

 

早めに家を出て、高校時代を過ごした街を散策した。

東京に比べたら何も無い、不便な街だ。ずっとこの街で俺は「絶対こんな所から出て東京に行ってやる」って気持ちを持ち続けてきた。なのに今はこの街がとても愛おしいと感じてしまっている…

東京には全てがあって何も無かった。この街には何も無いけど全てあった。なんてとても臭いのですが…

通学路、高校時代に通ったご飯屋さん、買い物をした店、勉強をしたカフェ、飛び込もうとしてた線路…丸一日歩いて10代の思い出を全て噛み締めた。

泣きそうになったり、ワクワクしたり、こんな気持ちで外を歩いたのは久しぶりだった。こんなにも10代最後を上手に使えている人が他にいるんだろうか。

 

f:id:GNyabeyabe:20190713202751j:image

自分で自分に、プレゼントを買った。ずっと欲しかったけど買うのをためらっていたAirPods

交通費が掛かったので今月は本当にお財布が大変なのですが、こんなに頑張って、20歳になる自分に何かしてあげたかった。

これくらいは、今日くらいはいいよね。ああ、泣いてしまいました。

中学、高校の時に聴き続けていた曲のプレイリストを作って聴きながら歩いていると、涙がドバドバと出てくる。情緒よ…成人の男の情緒とは思えん…

 

20歳にずっと固執し続けてきた。20歳になれば1人で社会契約を結べるから。何もかも1人で契約したりしてきた、させられてきたけど、ずっと「親権者同意書」が必要で、面倒な手続きを踏んできたから。20歳になれば1人前として活動出来て、親の呪縛から逃れられると思ってたから。

いざ20歳になる直前になると、19歳364日と20歳0日はただの1日でしかないんだな、ということを思い始めてしまった。結局自分は自分。自分、父親と母親、その他大勢の他人からしても、ただの一日でしかないんだね。過去は消えないし。それを踏まえた自分とどう向き合って、どう生きるかだね。本当の意味で理解出来た気がする。

 

明日からまたバイトと勉強漬けの東京の日々だけど、楽しみな予定も見えてきて、生きようと思えた。躁ではないと思う。躁なのかもしれない。とりあえず少し元気になりました。いい状態で20歳を迎えられそうです。

 

もう大人です。お酒を飲みに連れてってください。

 

[Champagne] / sterrrrrrr